説明

デンタルケアのルール【歯科治療で変わる歯並びと日常生活】

むし歯予防に繋がる

レントゲン

歯のトラブルで見ておかないといけないことは、トラブルになってから対処をするのではなく事前に対処をすること。特に予防をすることで痛みや見た目のネガティブな要素はなくなります。ですから、出来る限り毎日のデンタルケアでなんとかしておきたいところでしょう。ここで歯科医も進めているのが、デンタルフロスを使った歯のブラッシング。デンタルフロスというのは、簡単に説明すると細い糸のことでこれを使って歯の歯垢を取り除きます。
歯垢を取り除くのであれば、デンタルフロスではなくても歯ブラシでいけると思われる人もいるでしょう。確かにある程度の歯垢は歯ブラシで取ることができますが、細かな隙間まで対処できるわけではありません。この磨き残しがどんどん虫歯菌となって歯を蝕んでいくことになるので、キレイに隙間までケアすることが大切です。

ただの糸みたいなデンタルフロスで、それを使うことの効果はあまりないと思われているかもしれません。しかし、実際のデータで見ると、デンタルフロスを使った歯垢除去率は実に80%以上にアップすると言われています。これだけの高い確率で歯垢をしっかり取り除くことができるのを考えれば、導入した方がいいのは頷けることでしょう。また、歯科医自体もデンタルフロスを使ったホームケアを推奨していることもあって、多くの人がこのケアを日常的に取り入れている傾向があります。使い方としては歯ブラシを使ったブラッシングの後にデンタルフロスを使う。たったこれだけでキレイな歯を維持できるので導入してみましょう。